そっと寄り添う薬箱~自然からの贈り物~

心、感情、フラワーレメディに関すること等を綴りたいと思います。

知る

f:id:presentfromnature:20220315154430j:plain

 

木蓮の白さに祈るような気持ちが心に湧いてきます。

 

先日、ウクライナの文化研究をされている方のお話を聞く機会をいただきました。

自然をとても愛する人々で、休日には自然豊かな場所で過ごす人たちが多いこと、一緒に食事をすることを大切にし、同じ火で炊いたものをいただくことで仲が深まっていくこと、子供に対する優しさが大きく、地下鉄などではお年寄りが席を立って子供に座らせること。そして、キエフウクライナという言葉はロシア語であることなど教えていただきました。

 

大切だなと思ったのは、国と個人は違うということです。日本にいるウクライナ人もロシア人も日本が好きで日本に住んでいる人たちなのですよね。

 

歴史的背景がそれぞれあり、そこから生まれる考えがあるのですから、分からないこともたくさんあります。だから分からないというところから始めてみよう、少しでも知ってみようと思いました。

 

そして、できないこともたくさんあるけれど、何かできることもあるのではないかと、小さなことでも何かしてみようという思いが湧いてきました。

 

 

ストレス

f:id:presentfromnature:20220218113351j:plain

 

澄み切った空気の中、澄んだ鳥の声が聞こえます。静かな時間に鳥たちの声だけが鳴り響き、そして消えていきます。鳥の声も、その間の静寂もとても心地の良いものでした。

 

私たちは日々、さまざまなストレスを感じています。

満員電車だったり、長時間の会議だったり。

今日は早く帰れると思っていたのに別の仕事を頼まれてしまった。とか、きれいに片づけたのにまた散らかってる。とか、やりたくないけれどやらなければいけない。等々、いっぱいありますね。

 

ストレスが重なったり長く続いたりすると、落ち込んだり鬱々としたり、眠れなくなったり食欲が落ちたり又は亢進したり、頭や胃が痛くなったりとサインが出ることもあるでしょう。

 

そんな日々に、自分にとって心地よいものを取り入れてみます。

それは鳥の声や波の音を聴くことであったり、ペットに触れることであったり、湯舟にゆったりつかることだったり、好きな食べ物を味わうことだったり、それぞれあると思いますので、それらを数分でもやってみるようにします。

 

そうすることで、きっと気持ちが変わっていくのを感じられると思います。

自分の時間がなかなか持てない方も、心地よくしてくれるものを少しずつ取り入れていけるといいですね。

 

 

伝える

f:id:presentfromnature:20220204133419j:plain

 

家の近くの川を通ると、鴨がゆったりと泳いでいきました。

その中に小さな小さな鴨がいて、その鴨がくるくると回ると同時に白く水しぶきを立てています。

そんな小鴨の動きを親の鴨は気にかけている様子でした。

 

 

子供が成長していく中で、これはダメとかあれは危ないなどと簡単に言えないことがあるのだな、と先日感じていました。

その行為そのものは全く問題がなく悪いことでも何でもないのですが、状況によっては周りの人たちをひやひやさせてしまうもので、どのようにお話したらその子にとって次につながるメッセージになるかしばらくお母さまと一緒に考えました。

 

こうすることで周りの人たちが心配するかもしれないからこうしようね。

時間がこのくらい経ったらこういう風にしようね。などいくつか考えられます。

 

いろいろな言い方がありますが、どうしたら良いかをお伝えしながら、可能ならご本人の気持ちも聞きたいなと思いました。

そして、その後の行動をさりげなく見ていったり、また必要に応じて言葉がけをしていったりして、見守ることで育っていくのですね。

 

相手にどのように伝えたらよいか考えさせていただける、貴重で大切な時間となりました✨

 

 

もう一人の自分

f:id:presentfromnature:20220113150831p:plain

寒い季節、きりりと冷たい風が吹く日もあれば、暖かく穏やかな陽射しが届く日もあります。私たちの心もそんな風に日々揺れ動いていますね。

 

私たちは言葉を使って会話をしていますが、会話の相手は他者だけでなく自分に対しても行っているようです。いい調子だね!とか、あぁ、私ってだめだな。とか、○○しなければいけない。等々、普段はあまり意識することは少ないと思いますが、たくさんの言葉を自分にかけているのです。

 

もし、否定的な言葉ばかりを自分にかけていたらどうでしょう。とても苦しく居心地が悪くなっしまいます。もう一人の自分が自分にダメ出しをしているようです。

その言葉たちは子供だった頃、周りの人たちが言っていた言葉なのかもしれません。

 

 

そのような言葉に気づいたら、もう言わないようにしたり、心地の良い言葉に変えたりすると気持ちが楽になると思います。

 

バッチフラワー(バッチ博士のフラワーレメディ)を使うなら、クラブアップル、ラーチ、ロックウォーター、インパチェンスミムラス、ゲンチアナ…、

言葉の内容やその言葉から受ける感情によって、レメディを選んでいきますと持っていた感情が癒されることでしょう。

 

もう一人の自分が優しくなって、ご自身と仲良くなれますように。

 

意味

f:id:presentfromnature:20220106160040j:plain


このお正月休みは、曜日の関係でいつもより短いお休みとなったかもしれません。

気持ちを新たにされた方もおられると思いますし、もう日常が始まってしまったと感じられた方もおられると思います。

 

私たちは日々の生活の中でそれぞれ行うタスクがありますが、何のために、どんな意味があって行うのかを考えますと見方が変わってくることがあります。


例えば家事なら、家族が心地よく過ごせるように掃除や片付けをする。とか、家族が健やかでいられるよう洗濯をし、食事の用意をする。とか、子育てや仕事、介護等も同じように意味を挙げられると思います。

 

そう考えていくと、当たり前のように行っていたことが、とても意義のあるものと捉えられ気持ちが前向きになるのを感じられるでしょう。

また、習慣的になっていたことで今はあまり意味を見いだせなくなった場合、そのことを減らしたりやめたりすることができます。

 

今日は1月7日で、七草がゆを食べて無病息災を願う日とされています。

疲れた胃腸を整えるためにも、ご自分やご家族におかゆを作りいただくのは、とても素敵なことだなと改めて思うのでした。



自分軸

f:id:presentfromnature:20211225214657j:plain

凛とした空気の中、澄み切った空がいつもより遠く広がっているように感じられます。

冬には冬の良さがありますね。

 

今日はクルミのお話です。クルミの一種のカシグルミは、高さ30m位まで成長する落葉高木で、霜が降りると葉を落とします。根や葉などに含まれている成分によってクルミの成長を妨げるものから身を守ることができます。新芽と葉と雌花からウォルナットというフラワーレメディが作られます。

 

成長期や更年期、老年期などの体の変化や入学や転校、就職や転職などの環境の変化に心が伴わないとき

過去のことや古い考えなどを手放したいとき

周りの影響を受けやすいとき にウォルナットが支えてくれます。

 

ウォルナットのエッセンスは、周囲の影響を受けやすい人を保護してくれます。しがらみを断ち、自分の意志や考えを守り続けられるように助けてくれます。人生の転機では、新たなステージへと無事に移行できるように守ってくれます。そして、自分の道を迷うことなく、堂々と歩み続けることができるように導いてくれます。(花と錬金術 東昭史著より引用)

 

自分の考え、自分軸をしっかりと持てるよう導くレメディなのですね。

 

バッチ博士の言葉をご紹介します。

私たちがしなければならないことは、自分の人格を守り、自分自身の人生を生き、自分の船のキャプテンになることだけです。そうすれば全てうまくいきます。

 

どうぞご自身の気持ちを大切に...。

 


ブログを読んでくださりとても嬉しく思っています。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

温める

f:id:presentfromnature:20211221143332j:plain


今日は冬至です。冬至と言えば日本ではかぼちゃを食べてユズ湯に入る風習がありますね。

冬至は陰陽の陰が最も高まる日ですので、温める性質のもつかぼちゃとユズを使って陽を補うことができます。かぼちゃは江戸時代にカンボジアから伝来した際に、カンボジアが原産地であると間違って伝わりカボチャと名前が付いたようです。

 

かぼちゃは甘みがあり温性で潤す作用があり、ビタミンEが含まれているので血液の循環を良くしてくれます。また、胃腸の機能を高め、ユズとともに気を巡らせる働きもあります。ユズの皮からは精油がとれるほどの香りの成分が含まれ、漬物やお雑煮などの料理に少量入るだけでユズの香りが立ち上がりますね。ポン酢も柚子胡椒もお鍋などの料理に良い風味を与えてくれます。

 

冬に食べられる温州ミカンも弱めの温性で潤す性質を持ちます。皮は陳皮という生薬になり、気を巡らし胃腸機能を調え湿邪を除きます。陳皮は例えば香蘇散、補中益気湯六君子湯、平胃散など漢方薬の多くに入っています。

 

冬至だけでなく、冷えを感じた日や体を動かさない日などに、身近にある温性の食べ物を摂ることで身体を整えることができそうですね(^^♪